まつげエクステの仕上がりはグルー次第|美まつげ情報局

女性

綺麗にマツエクをするコツ

まつげ

接着剤の特徴

まつげエクステは専用のグルーを使ってまぶたに直接接着していきます。どれもシアノアクリレート系接着剤と言う医療用としても幅広く使用されているものですが、様々な種類があります。中でも専門店などでよく使われるものは、メチルシアノアクリレートです。こちらはグルーの乾きが早く強度に優れているためまつげエクステのもちが良いのが特徴です。少し臭いがして刺激も強いため、人によっては肌が荒れたりしてしまうこともあります。次にエトキシエチルシアノアクリレートで、こちらはとても低刺激で肌に優しく臭いも少ない一方、エクステの持続力に欠けます。しかし、乾きもゆっくりなので、セルフでまつ毛エクステを行う場合には初心者にも扱いやすいグルーです。特徴を知って自分に合ったグルーを使うようにしましょう。

仕上がりに差がつくコツ

自分でまつげエクステを行う時には、グルーの使い方と下準備をきちんと行うことで持続力が格段に違ってきます。まず、まつげエクステをつける前に、まぶたの油分をしっかりと抑えることです。アイメイクなどはしっかりと落とし、麺棒などでまつげの生え際までしっかりと綺麗にします。そして、グルーを付けるときにはほんの少量を心がけましょう。つけ過ぎるとダマになったりまぶたについてしまって綺麗に仕上がりません。また、つける位置は自分のまつげから数ミリはなしてつけるとまぶたに直接グルーがつかず、もとのまつげと自然に馴染みます。そして、しっかりと乾かします。取れやすくなる原因となりますので、つけた日は洗顔やお風呂は控えましょう。これらのステップを行うことでエクステが長持ちし、仕上がりにも差が付きます。